ハイテク消防車とは?気になる最新車両を紹介!

ハイテク消防車

火災が発生した際に駆けつけてくれる消防車。そんな普段は近くで見る機会のない消防車の最新事情について調べてみました。
消防車の種類って何があるの?火事の時は何台の消防車が来る?最新の ハイテク消防車 はどんなものがあるの?
そんな疑問を解決していきます。

主な消防車両一覧

調べてみると、東京消防庁だけで37種類の消防車両を配備しています!
ここでは大まかに分類して紹介します

ポンプ車

消防車と聞いて、まず最初に思い浮かべる車両がコレ!

水を汲み上げたり、放水の為に水圧を上げるポンプが搭載された車両です。

その性能は車両にもよりますが、1分間に2000リットル以上の水を汲み上げます!

ビール早飲み世界一記録は990 mlを37秒。(換算すると約1267人必要)

はしご車

一般的なイメージのはしご車は、上から放水する為の車両ですが、使用用途により、「先端屈折式はしご車」「水路付はしご車」等、様々なタイプのはしご車が存在します 。

緊急出動中のはしご車を見かけると、「なんだかヤバそうだな・・・」と感じてしまいます。

日本国内で最大のはしご車は地上高54mまで届く事が出来ます。

化学車

化学車とは、水で消化する事が出来ない火災(石油・化学薬品等)に対処します。

その構造は、ポンプ車に搭載されている機能(水タンク・ポンプ)の他に、「泡原液槽」と、その泡原液と水を混ぜる「泡混合装置」が組み合わされています。

この車両が緊急出動していたら「おいおいただごとじゃないだろ・・・」と感じます。

その他の車両

消防車両は実に多くの種類がありました!

ここからは箇条書きで紹介します。

  • 救急車 ・・・ あの救急車。大型の特殊車両もあります
  • 救助工作車 ・・・ 救助隊員、消火資材を運搬する車両。タイプにより仕様は様々
  • 空港用化学車 ・・・ 空港用。走行しながら消火活動出来る事が最大の特徴
  • 特殊災害対策車 ・・・放射能・生物・化学物による災害対策用。各種分析装置を備える
  • 排煙高発泡車 ・・・ 建物内の煙の排出、窒息消火の泡を出す化学車両の1種
  • 空中作業車 ・・・ はしご車の1種。先端に人が乗れるバスケット付きのもの
  • 屈折放水塔車 ・・・ 消防隊員が容易に近づけない火災現場を高所から消火活動できる車両。福島でも活躍した
  • 救助車 ・・・ 照明装置・発電装置・ウインチ装置などを搭載
  • 山岳救助車 ・・・ 走破性に優れた四輪駆動車両をベースとした車両
  • 水難救助車 ・・・ 各種水難救助用の資材(船外機・照明装置・スキューバ装置・シャワー設備 等)を搭載した車両
  • 指揮隊車 ・・・ 指揮拠点として運用する事が目的の車両。通信機器、指揮台等を搭載
  • 水槽車 ・・・ 水を運ぶ車輌。近くに消火栓等の水を供給する場所が無い時に運用
  • 指揮統計車 ・・・ 指揮本部・活動支援として運用。トイレ・給水設備等を搭載
  • 照明電源車 ・・・ 大型の発電機を持ち、夜間照明作業や電力供給を行う車輌
  • 重機運搬車 ・・・ 重機(ショベルカー等)を運搬する為の車輌
  • 工作車 ・・・ 搭載されたクレーン装置で重量物や車両などの除去・救援作業を行う車両
  • 資材運搬車 ・・・ 消防資材を搬送する車両
  • クレーン車 ・・・ 工作車よりもクレーンの吊り上げ能力が高い吊り上げ専用車両
  • 査察広報車 ・・・ 現場広報の支援、鎮火・防火対象物の査察業務等を行う車両
  • 火災調査車 ・・・ 火災発生原因を現場で調査する為の車両
  • 通信工作車 ・・・ 通信支援を行う車両。アンテナ・発電機・資材等を搭載する
  • 整備工作車 ・・・ 消防車両・救助資材等の整備を目的とした車両
  • 消化活動二輪車 ・・・ 消火器具・簡易救助器具等を有したバイク

実はまだまだ種類があります。

コレだけの種類の車両を火災現場によって何が必要なのかを見極め配備しているのかと思うと凄いですね!

[ad2]

ハイテク消防車 の紹介!

管理人の気になったハイテク車両をいくつか紹介します

レッドサラマンダー 無限軌道災害対応車「Red Salamander」

中ボス感溢れるネーミングの「レッドサラマンダー」

全地形対応走破可能らしい!

キャタピラ駆動なのでパンクの心配は無く、地上走行には無類の強さでありますが、水に浮いて進む事も可能なんです。

製造元はシンガポールの軍需関連企業である事で信頼感も増します。

日本に1台しか無いその車両は、愛知県岡崎市の消防所に配備されています。

全国へ出張させる事を考え、日本のほぼ中央に位置する岡崎市へ2013年に配備されましたが、幸いな事に派遣実績は少ない状況です。

豪雨被害時に出動させていますが、真に活躍するには余程ピンポイントな現場である必要があるみたいです。

レッドヒッポ 大型水陸両用車

2021年大阪に新たに配備された大型水陸両用車!

そのネーミングは大阪から公募され「レッドヒッポ」(赤いカバの意味)となりました。

こちらの車両は「レッドサラマンダー」と似てますが別物です。

外観やコンセプトは近いですが、特に水に浮く能力に優れており車両上部に開閉口がある事からも、その能力の一端が垣間見えます。

車両はイタリア製

ローゼンバウアー パンサー HRET

オーストリアのローゼンバウアー パンサーHRET(Rosenbauer Panther HRET)

空港用化学消防車の1種

ローゼンバウアー社は世界的な消防車両製造メーカーです。

こちらは高位置対応伸展型放水銃「HRET(エイチレット)」を装備するモデル。

このHRETが優れものなんです。

HRETを装備した化学消防車は、放水銃をあらゆる方向へ伸展でき、炎上した航空機の機体を貫通させて消火する消火ノズルを使うことで、消防隊員を機内に突入させる必要が無くなる

放水銃の先端には熱画像カメラがあり、車内のモニターで確認しながら消火活動ができる。

まさにパーフェクトである。

外観のカッコよさも人気を呼び、国内ではプラモデルとしても販売されてますよ。

ハボット ミニ 「Habot-mini」

ハイテク消防車
出典:株式会社モリタ

これぞ未来!という感じのデザインである「ハボットーミニ」

ハイテクなだけでは無く、世界三大デザイン賞といわれるドイツの「iFデザイン賞」を受賞しています。

国際的なデザイン賞を受賞している事がノミネート条件であり、「賞の中の賞」と呼ばれる非常に厳しい審査の「ドイツデザイン賞」に翌年ノミネートされ、「Winner賞」を獲得しています。

外見だけでは無く、中身ももちろんハイテクです!

「ハボットーミニ」は窒素で消火する近未来型消防車のコンセプトモデルです。

そうです。水で消火しないのです!

その仕組みは、現場の空気から窒素濃度を高めた気体を造りだして火災現場へ放出します。

火災現場の酸素濃度を火が燃焼しない12.5%まで下げる事で消火させるそうです!

外気との換気が自然にされてしまう場所での消化作業には向かないが、密閉空間では効果的。

サーバーなどのデータセンター、美術館、仏閣など、水で消火することによる二次被害が出る恐れがある場所での消火に最適な消防車として開発されました!

まとめ

火事が発生した場合、通常どれくらいの消防車が集まるかご存じですか?

勿論火事の規模にもよりますが、交通規制等の警察車両を除いて消防関係車両だけで約10台規模(ポンプ車4~6台、はしご車1台、救急車1台、指揮統計車1台、救助工作車2台等)で集結するそうです。

その火事を消す為に消防隊員の方達は生命を危険にさらしながら迅速に救助活動もこなしているのです!

火事が発生しない事が第1ですが、火事が起きても有益なハイテク機材が増える事により救われる生命や財産が少しでも多くなる事を祈ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
宇宙人DJ
管理人の宇宙人DJです 生息地:愛知県在住 学歴:名古屋工業大学 工学部卒 職業:40代サラリーマン 愛知県在住で東証・名証一部上場企業に勤務中。 仕事はしないが仕事はデキる会社の問題児。 仕事と遊びを絡ませる事に余念がない。 気になる情報をまとめ、地球に暮らす皆様の知りたい情報入手の手助けになりたいと思っています。