世界が注目する日本のジョウロ!根岸産業で作られる如雨露とは?その歴史と特徴を紹介します

ジョウロ

盆栽や園芸用品として知られるジョウロ(如雨露)について調べてみました。如雨露とは何語?日本由来ではないの?どこで作られてるの?根岸産業ってどんなところ?といった疑問を解決します。ニトリや100均などで買えるジョウロとは機能性がまるで違う最高品質である根岸産業のジョウロが盆栽ブームと共に世界中から注目されています

日本国内における ジョウロ (如雨露)の歴史

江戸時代の ジョウロ
出典:浮世絵に見る江戸・明治の盆栽

国内の起源資料は見つけられませんでしたが、浮世絵でジョウロ(如雨露)を使う絵が残されています。

花に水をやる行為は太古の昔からありそうなので、何かしらの道具はあったのでしょうね。

現代の形のジョウロ(如雨露)は明治終わり頃にイギリスのhaws社から日本に入って来ました。

ジョウロ(如雨露)はポルトガル語の「jorro」(水の噴出)、ポルトガル語の「jarra」(水差し)辺りが語源の起源だと言われています。
英語では「watering pot」などと呼ばれるそうです

しかし、外国製のジョウロ(如雨露)は日本で使い辛かった為、盆栽に適したジョウロ(如雨露)作りが始まりました。

国内でジョウロ(如雨露)を製造していた人達は切磋琢磨してより良い物を作っていました。

報酬よりも世に恥じない作品を作るこだわりを持つ日本の職人魂により機能美・使いやすさを追求した製品が作られたのでしょう!

しかし、ジョウロ(如雨露)を専門で作るのではなかなか採算が合わず、盆栽用のジョウロ(如雨露)を作る国内メーカーは根岸産業が国内唯一となりました。

根岸産業の ジョウロ (如雨露)作りの歴史

根岸産業有限会社の社長は「根岸 洋一」さんです。

根岸 洋一さんは根岸産業の3代目です。

根岸産業は「根岸 洋一」さんの祖父が1944年から始められました。

当時、神社仏閣の屋根職人であった根岸洋一さんの祖父が瓦礫・トタンなどから園芸用金物を製造する会社として創業されたそうです。

神社仏閣の屋根職人というだけでも何だかとてつもない職人である感じがします。

1966年に2代目となる根岸洋一さんのが園芸用如雨露を専門として「根岸産業有限会社」を立ち上げられました。

2代目である根岸洋一さんのは、材料を銅・真鍮・ステンレスなどに変えジョウロ(如雨露)を作りました。

今の社長である根岸洋一さんは、先代の作り続けたジョウロ(如雨露)をバージョンアップさせて今に至ります。

なんと根岸洋一さんはもともとシステムエンジニアとして働いていました。

ジョウロ(如雨露)作りは3歳の頃から手伝っていたそうです。

SEとして会社員であった時も、家に帰ってからジョウロ(如雨露)を作りを手伝ったり、土日に作っていたそうです。

35歳を迎えた年に根岸洋一さんの父が他界され、その後に根岸産業を継ぎ、ジョウロ(如雨露)作りを専業とされました。

根岸産業の作る ジョウロ (如雨露)の特徴は?

根岸産業のジョウロ(如雨露)は耐久性が高い!

安いプラスチック製のジョウロ(如雨露)は何だかんだで1年くらいで壊れる事も多いのですが、根岸産業の作るジョウロ(如雨露)は30年以上使えます

手間のかかるはんだでジョウロ(如雨露)の部品を固定しているので、壊れても修理が出来るのです!

壊れた所を修理しながら長く使い続ける事は日本の伝統的な考えかも知れません。

薄い銅板をはんだで固定させる作業難しいそうです。

はんだ付け部を削れば見た目は良くなるが毎日使う物なので強度優先で削らないそうです。

はんだを削ってしまうよりも苦労されたはんだ付けの形が残っていた方が個人的には美しく思えます。

ジョウロ(如雨露)の水を入れる本体部には「ヒモ」と呼ばれる刻み加工を入れる事で歪みを減らし、強度をあげています

この強度を上げる技法はロケットなどでも使われているそうですよ!

円形にする事で衝撃時の力が分散され、薄い材料でも強度が出せるそうです。

創業から試行錯誤して受け継がれたノウハウの結晶ですね!

銅製のジョウロ(如雨露)による意外な効果!

銅は微生物の働きを遅らせる効果があるそうです。

水の中に10円玉を入れるとボウフラが育たないとか聞いた事があります。

銅製のジョウロ(如雨露)を使って植物に水を与える事で植物の生育を遅らせ雑菌を取り除き花を長持ちさせる効果があると言われています。

「銅壺(どうこ)の水は腐らない」、「水たまりに銅片を入れるとボウフラが湧かない」という話があるように、銅には昔から抗菌作用があると言われ、様々な研究がされています。いまから100年以上前の1893年(明治26年)スイスの植物学者 ネーゲリーが「微量金属作用」というものを発見しました。微量金属作用とは、水などに溶け出した僅かな量の金属イオンが細菌類のはたらきを抑える効果があるというものです。銅の抗菌作用に関しては、昨今猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で着目されてきております。このページでは銅がもつ抗菌作用についてご紹介します。

出典:山内金属株式会社>銅の抗菌作用について

まとめ

ジョウロ

根岸産業のジョウロ(如雨露)の愛用者は盆栽愛好家だけにとどまらず、日本では新宿御苑宮内庁などでも使われ、海外では元スペイン国王も愛用されているそうです。

水の出し方にもとことんこだわられている根岸産業のジョウロ(如雨露)は、自然の恩恵である雨と同じ水を目指しているそうです。

見た目だけでも芸術的であり、根岸洋一さんが全て手作りされている逸品。

1つ2万円を超えますが、園芸で植物にかける愛情も増して豊かになると思えば安いと思いますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
宇宙人DJ
管理人の宇宙人DJです 生息地:愛知県在住 学歴:名古屋工業大学 工学部卒 職業:40代サラリーマン 愛知県在住で東証・名証一部上場企業に勤務中。 仕事はしないが仕事はデキる会社の問題児。 仕事と遊びを絡ませる事に余念がない。 気になる情報をまとめ、地球に暮らす皆様の知りたい情報入手の手助けになりたいと思っています。