たつき諒さんが奇跡体験アンビリーバボー独占取材で真相を語る!予知夢が話題の漫画家の素顔とは?

たつきりょう

たつき諒さんの著書「私が見た未来」という漫画をご存知でしょうか?

たつき諒先生が見た夢を元に描かれたコミック本「私が見た未来」では様々な予言がされ、東北大震災を予言されていたとして世間から大注目されています。

そんなたつき諒先生がフジテレビの独占取材で何を語られるのでしょうか?

たつき諒先生の素顔に迫ってみたいと思います。

たつき諒さんのプロフィールは?

私が見た未来

メディアへの出演は一切無いので写真はありませんが、情報を探してみました。

ペンネームたつき諒(たつき りょう)
生年月日1954年12月2日
性別女性
出身地神奈川県横須賀市生まれ?横浜市在住
血液型O型
学歴横浜商業高等学校
趣味旅行
著書人形物語
時の中の少女
水色の航空書簡
タージ・マハル廟のある町
私が見た未来

著書の多くは絶版しており、非常に手に入り辛い状況となっています。

たつき諒さんの「私が見た未来」とは?

たつき諒さんの著書「私が見た未来」は1999年に刊行されました。

その表紙ではご覧の通り、「大災害は2011年3月」と描かれており、それが東日本大震災を予知していたのでは無いかという事で後に大注目されたのです!

ノストラダムスを初め、この手の後からこじつけ感のある未来予知で不安を煽るネタはいくつもあるので完全に信じる事は危険だと感じます。

しかし、たつき諒さんは不安を煽るのではなく、その災害に備えて準備し、復興を果たしてたくましく生きてゆく事まで描かれており、不安を煽って興味を引かせる手法では無いと感じます。

この本は「たつき諒」さんの見た夢を「夢日記」として残しており、その日記を元に描かれています。

フレディーマーキュリー(Queenボーカル)の死、ダイアナ妃の死、東日本大震災を20年以上前に予知していたと言われる著書です。

初版は1999年に発売されていますが、完全版は2021年に発売されています。

完全版では、たつき諒さんの夢日記が予知夢であった事を自覚し、その夢日記の写真やメモなどが掲載されていたり、予知夢についても詳細な解説がされています。

私も実は夢日記をつけていた時期がありましたが、定期的に思い出す事も嫌になる「悪夢」を見ている事がわかり、夢日記をやめた過去があります。その時に、忘れる事が出来るって素晴らしいなと感じました(汗)

たつき諒さんの なりすまし事件について

たつき諒の偽物

たつき諒さんは2000年(満45歳)に漫画家を引退されています。

2011年10月に表紙で描かれていた予知夢の内容「大災害は2011年3月」の描写が東日本大震災を予言していたとネット上で話題になりました。

引退された理由は夢日記との関連は不明ですが、「死ぬほど心身が辛かった」と言われています。

その後、2020年に「なりすまし事件」が発生します!

たつき諒さんの偽物が 5ちゃんねる に出現

2020年5月10日に立ち上がったスレッド【漫画家】たつき諒先生【予知】にて本人になりすまして皆の疑問に答えています。

2ちゃんねる(5ちゃんねる)はそういう場所なのでなりすました人もそこまで悪意があるとは思えません。騙される方が悪い!

たつき諒さんの偽物がアメブロに出現!

アメブロの個人ブログへ「たつき諒」さんを名乗った偽物がコメントされ、本物だと思い込んだ管理者と色々と話をされています。

語り口調からも5ちゃんねるに出現した偽物と同一人物だと思われます。

たつき諒さんの偽物が雑誌インタビューに出現!

2021年3月の週刊フライデーにて「たつき諒」さんの偽物がインタビューに応え、その内容が掲載されました。

内容は大災害を当てた経緯について、次の大災害についてと言った内容が掲載されます。

フライデーをも騙す偽物は凄いですね!原稿料をもらっていたとすると詐欺罪が適用されそうです。

もしかしたらフライデー側も騙されていたとしても話題になるから構わない と考えていたのかも知れません。

たつき諒さんの偽物が月刊誌でインタビューに出現!

2021年6月に発売された「月刊ムー」にて「たつき諒」さんの偽物がインタビューに応え、その内容が堂々と掲載されました。

「2021年8月に富士山が噴火する」という予言もこの時に「たつき諒」さんの偽物が発言されました。

何かしら風評被害も発生してそうで、流石にここまで同一人物の仕業となると犯罪のにおいがプンプンします!

たつき諒さんの偽物がやっとバレる!

2021年6月になってやっと「たつき諒」さんを名乗って語っていた人は偽物だと判明しました。

偽物が出版社を騙して「私が見た未来 完全版」を発売する予定である事を「たつき諒」さん本人の知人から耳にして、「たつき諒」さん本人から出版社へ問い合わせをした事で偽物の存在が分かったのです!

本物の「たつき諒」さんがインターネットを全く見ない事が偽物の発見を遅らせた要因でもあります。

たつき諒さん偽物の正体とは?

たつき諒さんの偽物はTwitterアカウントを持っており、偽物だと世間にバレた時はSNSで「私がたつき諒の名前を語った偽物です」と公言されました。

当然ながら、この偽物は世間から大バッシングを受けるのですが、偽物は「話題になる事で復刻版を再販する事で世間にその存在が広まり災害の被害者を減らす為であった」という趣旨の発言を何度もしています。

この「たつき諒」さんの偽物が何かしらの罪で捕まった!という情報はありません。

この偽物が言う様に、「私の見た未来 完全版」が本人監修の元で再販された事は偽物の功績なのかも知れません。

2025年7月に巨大津波が来る?

2025年7月に、大津波が発生する夢を見たそうです。

詳細は本を購入して確認して頂きたいので伏せますが、その夢は悲観的なものではなく、輝かしい未来だと「たつき諒」さんは言われてます。

2025年の大災害は「大切なのは準備する事。災難後の生き方を考えて今から準備・行動しておく事の重要さを改めて認識してほしい」と記しています。

その発言の裏には、2011年3月の予知夢を見ておきながら人を助ける事が出来なかった後悔があるそうです。

たつき諒さんが語った真相とは?

たつき諒さんが見た「予知夢」の見え方について語られました。

夢日記をつけていた事が予知夢だと気がついた事は衝撃的だったでしょうね!

友人がフラれると言う身近な出来事から、フレディーマーキュリーの死、ダイアナ妃の死も夢日記に記載されていたそうです。

スマトラ沖地震や大型ハリケーンも予知夢で見られていました。

そんな「たつき諒」さんですが、全ての夢が予知夢となっている訳ではなく、ハズレている事の方が圧倒的に多く、ご自身の事を「予言者」だとは全く思っていないそうです。

「大災害は2011年3月」は「たつき諒」さんが見た「文字だけの夢」だったそうです。

たつき諒さんが見た文字だけの夢は、初めての経験でメッセージ性が強く感じられたそうです。

予知夢を記した著書「私の見た未来」の再販が決まってから「大災害は2025年7月」と言う夢を見たそうです。

「大災害は2011年3月」という夢を見ておきながら誰も助ける事が出来なかったという後悔から、今回テレビで取材に応じる事にしたそうです。

決して不安を煽るものではありません。

その後は復興と共に輝かしい未来が「たつき諒」さんには見えているのですから

まとめ

たつき諒

たつき諒さんは、「奇跡体験アンビリーバボーで」初めてテレビ取材に応じて頂きました。

世紀末ビジネスに溢れるこの時代に怪しい情報を何でも信じて影響される事は得策とは言えませんが、備える事は大事だと感じます。

[ad2]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
宇宙人DJ
管理人の宇宙人DJです 生息地:愛知県在住 学歴:名古屋工業大学 工学部卒 職業:40代サラリーマン 愛知県在住で東証・名証一部上場企業に勤務中。 仕事はしないが仕事はデキる会社の問題児。 仕事と遊びを絡ませる事に余念がない。 気になる情報をまとめ、地球に暮らす皆様の知りたい情報入手の手助けになりたいと思っています。